クッパ姫とキングテレサ姫のことと弁護士にとっての思う・考えるのこと

最近Twitterでマリオの敵役クッパが最新のマリオのゲームで被るとピーチ姫になる王冠をもし被ったら、という趣旨のクッパ姫が人気なのですが、その後に誕生したのはキングテレサがその王冠を被ったキングテレサ姫です。
この調子でマリオの登場キャラ全員ピーチ姫化されていくのかと思うと楽しみなような怖いような複雑な気持ちがするものの基本楽しんでいます。
そして今日はTwitterでキングテレサ姫の人形を作って公開していた人を見かけました。
そういうものをささっと作れて公開する技能がある人は凄いし色んな面で有利になると思います。
私は最近Unityというソフトウェアをいじっているのですが、それでこういう流れに乗れるようになったらいいなと思いました。
他に印象に残ったのはクッパ姫とはまったく違う話しですが、弁護士になった方がなり立ての頃に弁護士は「思う」を使うな「考える」を使えと習ったという話しです。
思うは主観・感情的な判断で考えるは客観・論理的な判断なのだそうで弁護士に思うはいらないと言われていました。
私は思うをよく使うので客観・論理的な考えに弱いのかなと思いました。

本当にCDを売るという気があるのでしょうか

音楽CDが売れなくなったのは本当にダウンロードやストリーミング配信だけが原因でしょうか?
昨日は私の好きなアーティストの新曲リリース日ということで久しぶりに地元のCDショップに足を運んでみました。
長らく通販で購入していたのでショップに足を運んだのはかなり久しぶりなのですが、愕然としてしまいました。
ハシゴしたものの、両店で私の目当ての新曲が売っていない所かそのアーティストのCDもありませんでした。
そして新品のCDを売っているスペースがあまりにも少なすぎです。
片方はあの有名なTsuTAYAだったのですが、レンタルスペースはたくさんあったのですが販売スペースがかなり小さくて何かの間違いかと思いました。
これは店に行っても購入する物が売ってないからダウンロードで購入する人も増えたりしているのではないでしょうか。
CDショップにCDを売ろうという気が感じられません。
昔は本当に良かったと感じました。
有名なアーティストしか置かないような店は流行りません。アコム 審査