大阪の人は、やっぱり人情味あるなと思った整骨院での出来事

整骨院に行った時の事です。ベッドで施術中に隣のベッドに寝ていておばさんが話かけてきました。私にではなく私に施術してくれている先生にです。おばさんは「ズボンの裾はどうなったん?」と先生に聞いています。何の事?と私は思いました。先生が実はズボンの裾が長すぎて粘着テ−プでアイロンでくっつけたんです。でも履く時に、くっつけた所に足を突っ込んでとれてしまったから今はセロテ−プで貼ってます。と言ってズボンの裏をおばさんと私に見せてくれました。おばさんが「裾上げぐらいやったら、やってあげるからポストに入れとき!持って帰ってやったるわ!」と先生に言ってます。なんと、やさしい人と思いました。そして一人事のように「同じようなジャ−ジが家にないかなあ。赤いラインのはいったジャ−ジなら、お父さんのがあるねんけど。それは白のラインやからなぁ。替えのズボンがないから困るなぁ」と言われてました。まるで自分の子供か孫に接するような感覚です。聞いてる私は、なんか嬉しくなり、ほっこりしました。大阪の人は人情味があっていいなとあらためて思った出来事でした。酵素サプリメント 買う

仕事は程々にしてプライベートを充実させたい

旅行に行きたいです。
春は何処だろうか?と考えた時桜だなと思っています。梅もありです。
6月頃には杏の季節となるので生杏を食べてみたいなと思っています。食べた事ある人曰くあまり美味しくないそうですが、そんなのは自分の味覚で試してみないと何とも言えないよなと思ってします。
去年は山形へさくらんぼ狩りへ行ったりしています。また旅行がてらそういう事を楽しみたいと思います。いちごとかもいいなと思います。
仕事場が変わる可能性も十分にあるので、今みたいな休暇が取れるか微妙なのですが、仕事とプライベートをしっかり分けて今時の若者の傾向になろうと思います。
「帰っていいよ」といわれて5分も立たずに帰っていく神経も分からないです。まあ、勤務時間が終わったら、仕事が終わっていなくても、他の人が仕事をしていても関係なく帰れる図太い神経を持つ様にしたいなと思います。今の時代、頑張る分だけ損をする傾向があるので何事も程々にして全て程々に生きて行きたいなと思ってしまいます。