スリッポンは2年頃ぐらいで変更かなあと

2クラス前に買ったスリッポン。
暑い季節だけですが、決して連日配達などに履いて出かけてきました。
もうボロボロになってきて、満載かなと感じています。
私のは二流なので、2クラスも履けたらプレミアムかなあと思っています。
入替てまた履くか何とかふと耐えるんですけど。
昨年はほとんどサンダルが流行っていないみたいでしたが、今年はホットが再建してきているのか、サンダル身だしなみを街中で可愛らしく見かけます。
となると、サンダルを買ったほうがいいのかなあ、なんて。
でも、フランクスリッポンのほうが楽だし、サンダルが履けない旬にも履けるので能率いいんですよね。
で、物をできるだけ低く保ちたいミニマリスト志願者(笑)としては、互い貰うという候補はほとんど選びたくない定義で。
スリッポンを買い換えるべきか、サンダルにすべきかで耐えるわけです。
すこぶる嘆かわしい悩みですけどね。
物を貰うのに悩みに悩んで驚きの配達をしてこそのミニマリストだと思っているからいいんです!
…で、どっちにしようかいまだに検討中です。ミュゼ 背中 脱毛

長い長い時の流れを感じさせてくれる指輪の大きさ

私は普段は結婚指輪しかしていないのですが、先日知り合いの結婚式があって、久しぶりにちょっとゴージャスな夫からもらった婚約指輪を出してはめてみました。
最近は家事の邪魔にもなるので、あまりファッション指輪をつけることはありません。
結婚式等、何かおめでたいことやパーティがあるときだけです。
ですから夫からもらった指輪たちも、私が持っている中でもっとも高価な婚約指輪も、ほとんど日の目をみないのです。
先日もすごく久しぶりに結婚指輪をはめたら、すごく窮屈になっていました。
結婚したときは指輪も緩々だったのに、時の経過と共に家事のしすぎで指は節が太くなるし、そもそも中年になってきて太ってきたということもあるでしょう。
無理に押し込んで指輪をはめましたが、窮屈そうに私の指にはまっているダイヤが沢山ついた指輪、それが家事を頑張る節くれだった指につけてみます。
その指輪を眺めながら、この指輪をドキドキしながらもらったあの日から随分と長いときが過ぎたんだなーと改めて実感しました。